接骨 整体 うつ病対策 埼玉県越谷市蒲生寿町 にしかわオステオパシー

オステオパシー治療指針

オステオパシーとはこんな治療です。

1.なぜ一斉の力を加えず、身体が変化し痛みは治ってゆくのでしょうか。
   例えば、肩関節部は、肩甲骨と上腕骨が組み合わさっています。



   ここで車にぶつかって肩の位置が微妙にズレたとします。

   このとき、自分の身体は強引に元に戻ろうとし、ズレたときに加わった力の方向とは違う方向に戻る力が働きます。

   そのため完全には元にも取れず、組織は中途半端な位置に止まったまま。・・・これが関節がズレた状態です。神経への圧迫が始まります。
   肩関節を元に戻すには、負傷したときと同じ方向を辿って戻らないと、直りません。

   骨は負傷した道へ向かおうとする力を持っています(自然治癒力)。それを阻害しているのは、強いストレスがかかり防御を強くしている脳の仕業なのです。
 
  組織がどこに行きたがっているか、どういう勢いを持っているかを、当院では精妙に触診し、正しい道へと誘導してゆきます。
  (誘導というよりは、むしろ、治ろうという方向に私がどんどん引かれていきます。)
  オステオパシーでは硬直した組織を自由にし、受傷前の位置に戻してゆくという治療をしていきます。)

当院の治療の流れ

① まず患者さんの状態をカウンセリングします(問診)。悩みの主訴はもちろんですが、患者さんがあまり気にしていない細かい違和感やしびれ、ここが非常に重要になります。

② 一番気になっている部分がどうなっているかを調べます。触って質や熱感、弾力性、緊張度などを調べます。
関節を動かして、質や重さ、動ける範囲、それに伴う痛みの増減を調べます。特に座った時、立った時、歩いた時、うつ伏せになったとき、あおむけになったときに各筋肉の質や緊張度がどう変化するかが重要です。

③ 同様に、体全体を調べます。

④ ここまで、その方の本当に悪いところ(原因)を絞り、治療していきます。骨を整え、筋肉を整え、内臓を整え、神経のセンサー(固有受容器)を整え、血液・髄液を整え、同じ腰痛でも、個々の患者さんにより整える場所は全く違う場所になります。

⑤ 身体が確実に変化してきた時点で、一回目の治療は終了となります。筋肉の質感や熱感、動きの幅が上がったことを確認して終了になります。

⑥ その場で変化を感じる方もいらっしゃいますが、3,4日後にじわっと変化を感じる方が多いようです。
2回目、3回目の治療も非常に効力を発揮します。


その後オステオパシーの力を実感していただき、定期的にメンテナンスをされている方も多くいらっしゃいます。


オステオパシーが効力を発揮する疾患

筋骨格系疾患 : 変形性膝関節症、肩こり、腰痛、顎の痛み
呼吸器疾患 : 気管支喘息、扁桃炎
消化器疾患 : 胃炎、肝炎、便秘過敏性大腸炎
耳鼻咽頭化科疾患 : 耳鳴り、蓄膿症、メニエル
婦人科疾患 : 生理痛、更年期障害、冷え
泌尿器疾患 : 膀胱炎、前立腺肥大、頻尿
循環器疾患 : 高血圧、不整脈
神経系疾患 : 脳梗塞後遺症、片マヒのリハビリテーション




 現在予約の時間帯は 昼休みの時間帯と夜8時以降です。(午後3時以降は予約優先となります)
予約希望の方は、お電話か窓口で、ご相談ください。(極力ご希望に添えるよう調整いたします)
症状の改善がおそい方、遠方から来院される方、忙しく定期的に治療できない方
患者様の希望もあり、予約をして、長時間、ゆったりとした空間で施術させていただいております。
オステオパシーの治療は繊細、かつ複雑ですので、施術をする側も受ける側もお互いに時間には
ゆとりを持ち痛みや不快に対し共に向かい合いましょう。

人の身体を診ておりますので、機械仕事ではありません。お約束の時間は「だいたい何時ごろ」
という形と、ご理解ください。(前の方の治療反応により長引くこともあります)
 乳幼児同伴の方は、極力予約枠をご相談いただけますと、二児の母である、受付さんが
楽しみに、お預かり、お相手いたします。

また、予約枠が混み合っており、希望の日時がお取りできない場合もございます。
お断りしている方も多く、予約の変更、キャンセルは極力お控えください。
ご理解、ご協力をおねがいいたします。
オステオパシーの無限の力を、皆様の身体の中にある治癒力の深さを信じて引き出していきます。
治療の楽しさ、素晴らしさを日々皆様と共感して参ります。


                                    西川 茂