外反母趾 越谷市蒲生 にしかわオステオパシー

外反母趾とは

足の親指が小指の方へ曲がって行きます。
足のつま先をこちら側から見ると、反時計回りにまわり、ゆび腹が第二指の方へ向いて行きます。
親指の第二関節の靴と当たる部分が痛かったり、赤く腫れていたり、横アーチが下がっていたりします。
親指のゆがみが目立ちますが、たいてい他の指も色々な問題が出ています。
外反母趾の方は痛みの有無、大小に関わらず、歪みの連鎖は深いことが多いです。
反対に、肩こりや長年の腰痛の原因であることもありますので、関節の変形は放置せず、身体の現状を
しっかり見つめることが大切です。