変形性股関節症 越谷市変形性 蒲生 にしかわオステオパシー

変形性股関節症とは

変形性股関節症について

足股関節の軟骨がすり減ったり、関節の形が変形していく疾患のことを変形性股関節症(病気というより、病態でしょうか)といいます。
臼蓋形成不全(股関節がはまる、関節の屋根の部分が浅い)や先天性股関節脱臼の後遺症や、外傷、炎症、血行不良などで起こるとされます。

ただ実際の臨床では、なぜ股関節に過度な負担がかかっているのか、そのプロセスを読み解き、原因の治療をしていきます。
原因がとれれば結果的に股関節の痛みは無くなっていきます。